4年前、会社が辛くて不眠とうつに悩んでいた自分に言いたい3つのこと。


\スポンサーのイケハヤさん/

 

今から4年前、23歳の頃、わたしは名古屋で暮らしてました。

新卒で入った会社の配属。

簡単にいうと、入社して半年で体調を崩してしまいました・・・。

残業が多かったこともあるけれど、慣れない仕事や初めての一人暮らしも影響していたと思います。

 

4年前の自分がいまの自分に会ったら、きっと驚く。

フリーランスなんて安定しないし、なるもんじゃないと思っていたから。

「そんなのやめて、会社に再就職した方がいいよ!まだ20代だし遅くないよ!」と言うかもしれません。

でもそれは「会社の中の価値観」で生きていたから。

仕事に心底疲弊していたのに辞めることも転職もできず苦しかったのは、紛れもなく自分。

だから4年前の自分に会ったら、3つのことを言いたいのです。

 

心身ともに疲弊していた自分に言いたいこと

転職は難しくない

なぜか今やめてしまうと転職先がないと思ってた。

退職したいと上司に相談する度に

「入社半年で退職したら、転職できないよ」

「まだ半年なのにもったいない」と言われていたからなのかな。

そりゃ会社側は予算をかけて採用した新人だし、手放したくないですよね。

でもよくよく考えてみると、同じように1年目で退職した同期はちゃんと次の就職先を見つけていました。

20代に特化した転職エージェントだってあるくらいだし。

圧倒的に情報不足だったし、疲れて思考停止してたな・・・と思います。

 

会社以外のコミュニティに属してみる

同じ会社の中で出会える人って、世界のごくごく一部だなあと思います。

会社はビジョンに賛同してくれる人を採用するし、入社するとさらに意識づけをしていく。

だからみんなの考えが似てくる。

わたしが経験をするのはこの1年以上後になるけれど、後の人生を変えるきっかけになりました。

地域のスポーツチームとか、今ならオンラインサロンとか。

社外の人に会ってみるって、思ったよりもたくさんの発見をもたらしてくれます。

 

人生の選択肢を広げる行動をとる

コミュニティに属してみたら、いろんな人の価値観に触れてみてほしい。

全員が定時退社の会社があると知ってすげえ!と思ったり。

1人1台PCを配布しない会社があると聞いて、逆の意味で信じられないと思ったり。

「自分の会社って、こんないいところがあるんだ」と気付けたりもします。

転職経験がある人や、フリーランスの人に出会えるともっと広がる。

Aしか知らない人はAしか選べないけど、AとBを知っている人は2つから選べる。

Cも知っていたら3つから選べる。

「こんなのがあるならもっと早く知りたかった!」は言い訳だと思っていて。

情報収集で選択肢って、いくらでも広げられるんです。

 

会社が辛くて悩んでいる人に伝えたいこと

体調を崩すまで我慢しなくていい

世の中、我慢する人が多すぎます。

わたし自身も当時、不眠と抑うつ状態になっていました。

休職は1ヶ月でしたが、復職してからも長い間、睡眠導入剤なしでは眠れませんでした。

メンタルって一回やられると、回復するのに長い時間がかかります。

病院に行く時間も薬をもらうお金も、だいたいの場合は自分で負担。

なにより健康じゃない状態って、すごく辛いです。

体調を崩す前にSOSを出してください。絶対に・・・!

今は退職代行というサービスがあるので、辞めるやめないでモメてる人は検討してみてください。

わたしは退職のやりとりで疲れ切ってさらに体調悪化したので、知っていれば使いたかったです!

 

自分の人生、自分で決めろ。

当時のわたしは、優柔不断でした。

上司に「もったいない、続けた方がいいよ」と言われたらそうなのかなあと思ったり。

次の日友人に相談したら「今すぐやめなよ!」と言われ、やっぱりそうなんだと思ったり。

よく言えば素直だったけど、悪くいうと自分で判断できない。

他人に人生の判断をまかせようとしてました。

今言えることは、自分の人生、自分で決めろです。

ちょっと強い口調になってしまったけど、過去の失敗を人のせいにすることほどカッコ悪いことはない。

ぶっちゃけ退職も転職も、どちらでもいいです。

でも「あの時〇〇さんが△△と言ったから・・・」と他人のせいにするのはNG。

意見も全部含めて自分が決めたことと思えば、後悔しません。

いろんな選択肢を知って、自分の人生とタイミングにぴったりのカードを切ってください。

 

あわせて読みたい。

抑うつだったのに転職も退職もしなかったわたしの話。

 

 

\ スポンサーのたつさん /