フリーランスに資格は必要?現役フリーランスが「持っててよかった」と思うたった1つの資格。


\スポンサーのイケハヤさん/

 

副業したい、独立したいと思ったら最初に頭をよぎるのが、「何か資格って必要なのかな??」です。

わたし自身現役フリーランスですが、特に資格を使った仕事はしていません。

また今後、新しく取得しようとも思っていません。

が、この時期になると「とっといてよかった・・・!」と思う資格があります。

大学の時に取ってた日商簿記3級。

これが年に一度の確定申告に役立つこと極まりない。

・何か資格を取っておきたい

・確定申告で困りたくない

・コスパのいい確定申告の方法を知りたい という方はぜひチェックしてください。

 

フリーランスになるのに、資格はいりません。

まず前提として、フリーランスになることそのものに対して資格は不要です。

資格よりも、なりたいものに対して実績を積み上げていくことの方がたいせつ。

ライターならクラウドワークスでどんどん案件をとってみるとか、コンサルなら知り合いにモニターになってもらうなど、資格よりも現場経験を大事にしたほうがいいです。

また、ツイッターなどSNSで発信力をつけることにも時間を使ったほうがいいです。

ちびえもん
習うより慣れろ的な。

 

フリーランスの味方になるのは、日商簿記検定3級。

ただ1つ、取っておいてよかったな・・・と思うのは「日商簿記検定3級」

大学が結構ヒマだったので、なんか資格でも取っとくか!と思って取得しました。

その時は一般企業に就職する予定だったので純粋な暇つぶしです。笑

ななえもん
モラトリアム楽しみまくりの大学生活だったけど、これだけは過去の自分を褒めたい

 

日商簿記がフリーランスに役立つ理由

なんと言っても確定申告。

フリーランスや副業で稼いでいる人は、毎年2月〜3月に確定申告が必要になります。

売上の合計や、事業に使った経費、所得を申告するものですが、初心者にとっては大変、、!!!

例えば経費の仕訳などがそうです。

仕事で使うために購入したボールペン。「何費」だと思いますか・・・??

正解は「消耗品費」です。他にも接待交際費、交通費、備品など・・・

ひとつひとつの項目に対して、どの勘定科目で仕分けるのかを判断しないといけません。

ななえもん
全然知識がなかったら死んでた・・・

 

フリーランスなら日商簿記3級をとっとけばOK

ちなみに、日商簿記には3〜1級まで3段階あります。

(本当は3級の下に「初級」がありますが、あまりメジャーでないので省略します)

で、取得するのは3級でOK!!!!

フリーランスでの確定申告はそんなに複雑でないので、2級や1級は必要ありません。

実際に昨年はじめて確定申告をしましたが、3級の知識+会計ソフトで問題なく申告できました。

 

日商簿記を取得する方法1:独学

独学で受験する人も多いです。

が、3級の合格率は毎回40%程度・・・半分以上が落ちます。

知識をつけるだけなら合格しなくてもいいのかもしれませんが、どうせなら資格として保持しときたいですよね。

ちなみに参考書で知識をつけて→過去問をひたすら解く王道パターンがおすすめ。

 

日商簿記を取得する方法2:スクールに通う

わたしはこれでした!大学時代、めちゃ時間があったので・・・!!

十数回の講義+過去問特訓→試験本番 というカリキュラムのところが多いですね。

勉強期間は3ヶ月くらい。やっぱり直接先生が教えてくれるのがよかったですね。

間違えたところをわかるまで解説してくれたり、メールで質問に答えてくれたり。

その甲斐あって、100点満点の96点で合格したことを覚えてます。

ちびえもん
4点、なんやったんや

 

日商簿記を取得する方法3:オンライン講座を受ける

仕事や学校が忙しい人はこれがおすすめ。

家からスクールが遠いという人もオンラインがいいですね。

アカウンタンツライブラリーは、試験前に予想問題として新しい動画が追加されます。

というのも、日商簿記って年に3回行われていて、回によって難化したり易化したりするんです。

出題傾向なども、「第150回はこの大問だったから次はこれ・・・」と予想が大事だったり。

ななえもん
なるべく出る確率が高い問題を予習しておきたいよね〜〜。

 

ななえもんの確定申告流れ

ここで簿記3級取得済みの、ななえもんの確定申告流れを書いておきます。

①弥生会計で経費・売上等々を入力

弥生の会計システムを使っています。入力だけでOK。何に関する費用なのか判断するときに簿記の知識が必要。

 

②必要書類を印刷

所得の計算は弥生会計がやってくれます。手順に沿って印刷するだけ。

 

③母に確認してもらう

母が経理に詳しいので、軽く確認してもらいます。

 

④税務署に提出

確定申告時期の税務署は激混みなので、郵送で提出。

 

ということで、必要なのは弥生会計ソフトの月額費用のみ。(初年度は無料!!)

これが税理士さんに全部お願いするとなると月1万円くらい必要なので、かなり節約になります。

まだそんなに事業規模が大きくないので、自分でできる範囲かなと思います。

売上が大きくなってきたり、人を雇ったりすると会計や手続きが複雑になります。税理士さんにお願いしましょう!

 

日商簿記3級+会計ソフトがコスパ最強。

というわけで初年度〜3年目くらいまでは、日商簿記3級+会計ソフトがベストなんじゃないかなと思っています。

一人は不安、でもお金をかけたくない!という人は自治体のサポートなんかもあったりするのでチェックしてみてください。

一番ダメなのは申告しないことですからね・・・!

税務署のチェックが入って追徴課税(本来の税額に、罰則として上乗せされた金額を納税すること)にならぬようご注意を!!!

ちびえもん
おまえさん、人のこと言えないやろ〜〜〜!!
ななえもん
ヤバイオブヤバイ。

 

あわせて読みたい。

会社員で副業している人必須なのは、日報・経費精算・タスク管理!

 

 

 

\ スポンサーのたつさん /