お弁当を作り始めたら、殺伐としていた夫婦関係がよくなった話。

お弁当を作り始めて1週間。

夫婦の会話が増えた気がします。

朝・昼・夜どれでもいいけど、食ってめっちゃ大事なんですね。

・パートナーと会話が減っている

・ごはんを作るのがあまり好きじゃない

・パートナーとのマンネリを解消したい という人はぜひ読んでください。

 

お弁当を作る前の殺伐とした夫婦関係。

ふたりとも朝食は不要派。

結婚当初は朝ごはんを作っていたのですが、ほどなくして2人とも朝ごはん不要派ということが発覚。

「朝食 研究結果」とググるとたくさんの資料が出てきます。

朝食を抜くと太りやすい、動脈硬化になりやすい、逆に抜いても影響ない・・・など。今も結論は出てないみたいです。

とりあえず自分たちに向いてるかどうかというのが大事だよねということで、朝食はナシの生活をしてます。

 

仕事が不規則なのでお弁当もいらない。

お昼も「外回りで食べれる日の方が少ないのでいらない」と言われてました。

自分も営業やってる時期があったのでわかるのですが、外回りでお弁当を持っていくってすごく大変なんですよ・・・!

・荷物になる

・夏は温度管理が大変

・タイミングを逃すと食べられない

食べずに持ち帰るのも申し訳ないので、コンビニで調達するよと言われていました。

 

必然的に作るのは夕食のみ。

朝昼がいらないとなると、夕食のみを作ることになります。

「夕食だけなんだから頑張る!」となりそうだけど、わたしの場合は逆でした・・・

時間をかけたくなくて、麺類や丼モノのことも多々。

こだわらずに作ったものなので愛着もなく、ごはんの時間が盛り上がりませんでした・・・

時短で作ると作る側も愛着が薄い(ななえもんの場合)

 

お弁当を作り始めてから会話が増えた。

夫の部署異動を機に、お弁当作りを始めました。

ごはんをちゃんと作るようになった

お弁当を作るといってもなるべく手間をかけたくない、でも冷凍食品にも頼りたくない・・・とワガママなわたしは、夕食に力を入れることにしました。

夕食のおかずを翌日のお弁当に入れる作戦。

結果、ごはんにかける時間は増えましたが食生活も改まりました。

before→丼・麺類多め

after→一汁三菜

 

お弁当の話をするようになった

お弁当始まりで、いろんな話をしてくれるようになりました。

何時頃お昼を食べているとか、食べているときに会社の人とこんな話をしたとか。

一緒に「ありがとう」とか「おいしい」とか、ボソッと褒めてもらえるので頑張れてます。

中学生の時の友人を思い出して、小さいことにもありがとうと言い合える関係でいたいな〜と思いました。

 

「食」が唯一の繋がり

わたしたち夫婦は割とドライな方だと思います。

仕事も違う、趣味も違う、お金の使い方も働き方も食べ物の好みも違う。

お互いの生活にもほとんど干渉しません。

だから、油断すると本当の他人になってしまうんですよね・・・

お弁当という「食」を通して繋がることで前より仲良くなれたので、これからも続けていきたいです。

 

あわせて読みたい。

買い物する暇がないよ、、、って人はネットスーパーが便利です。

お買い物はネットでサクッと、できた時間で一手間かかるおかずにできますよ〜〜。

ネットスーパーを使ってみたので、メリットとデメリットをまとめてみた。