休職って意味ない!?復職できるパターン、できないパターンを解説。

復職後の再休職を防ぐため

\スポンサーのイケハヤさん/

 

夫えもんが絶賛休職中、

子なし夫婦のななえもん(27)です。

 

わたし自身も社会人1年目のときに

休職経験があるんですけど、

今になって気づきました。

休職には復活できるパターンと、できないパターンがあると。

 

 

休職から復活できるパターン

・復職後の環境が変わる(異動、転勤など)

・そこまで悪くない状態で休む

つまり治る見込みが立っていて、

なおかつ復職後は快適に働ける保障があること。

 

復職後の再休職を防ぐ

 

ななえもん
治った後、「休職の原因が解消されている」のが条件!

 

 

休職が長引く、マイナスに作用するパターン

・復職後の環境が変わらない

・体調が悪化した状態で休職に入る

 

復職後の再休職を防ぐため

 

こういう場合は休職で解決できません。

「仕事に戻ったらまたあの上司に怒られる・・・」

「復職したらまた残業・・・」と

思ったら、オチオチ休めませんよね。

治る見込みのない休職は、あんまり意味がありません。

 

 

解決できなさそうなら、早めに環境を変えよう

周りの人で、体調を崩している人はいませんか?

会社はきちんと対応していましたか?

もしそうでないなら、残念だけどあなたのことも守ってくれない会社です。。

 

ほかにも産休や育休、介護、

あと人間関係のトラブルがあった時など!

上司や会社がどういう対応をするかきちんと見ておきましょう〜。

 

あんまり期待できないな、

このまま消耗したくないな、と思ったら

早めに動き出しましょう。

体力がなくなってから転職活動はできません。

 

転職って、ふだんの業務プラスで

面接に行ったり履歴書書く必要があって・・・

精神的にも肉体的にも体力がいります。

 

ななえもん
消耗しすぎは余計なタイムラグを生むよ!

ちびえもん
安心と生活のためには、早めの行動を!

 

 

もうブラック企業で働きたくない!と思ったら、ウズキャリ。

転職して、またブラック企業に当たっちゃったら・・・

心配している人におすすめしたいのがウズキャリ 。

独自の基準があるのでブラック企業は掲載なし、

証拠に、転職後の定着率93%を誇ってます。

 

 

転職の打ち合わせや面談は、遠方ならスカイプもOK。

効率よく転職活動を進められます。

消耗しかけている人は、ぜひウズキャリを。

 

あわせて読みたい。

転職エージェントの面談は、めんどくさくても行っとくべき3つの理由。

 

 

スポンサーのKUMAPさん!



スポンサーのやまけんさん!