筋トレ中のおやつは干し芋がいいって本当??理由、食べてもいい量、ふつうの芋との違いを調べてみた

筋トレ,干し芋

筋トレしている方におすすめのおやつを聞くことが多いんですが、

ある方から「干し芋」がおすすめと言われました。

でも干し芋って芋やん。

炭水化物やん。

・どうして筋トレ中に干し芋がおすすめなの?
・食べてもいい量は?
・普通の芋とは違うの??

筋トレ中のおやつに干し芋がいい理由を調べてみました!

干し芋が筋トレにいい理由

そもそも干し芋って?

蒸したさつまいもを天日干ししたのがさつまいもです。

作る工程で砂糖などよけいな材料を使うことがなく、純粋に「干したいも」。

添加物が含まれていないので体にもよく、筋トレ中の体にはありがたい栄養価なのです。

GI値が低い

炭水化物が分解されて、糖に変わるまでのスピードを表した「GI値」という言葉があります。

GI値が高ければ高いほど糖に変わるのが速い=血糖値が上がりやすい。

血糖値が急に上がると脂肪がつきやすくなるので、筋トレ中はGI値の低い食材をとることが大事と言われてます。

炭水化物では白米や食パンがGI値の高い食べ物。

それに比べると、さつまいもはGI値の低いたべものです。

脂質が少ない

さつまいもの脂質は100グラムあたり0.6グラム!

炭水化物と脂質はセットになると脂肪がつきやすいのですが、脂質が少ないので太りにくい食べ物といえます。

筋トレ中、干し芋を食べていい量はどのくらい?

干し芋の栄養成分

さっそく栄養成分をみてみましょう。

100グラム当たりのカロリーは303kcal、炭水化物は71.9グラム。

小さめのケーキ1つ分くらいのカロリーはありますね・・・侮れない!

炭水化物の摂取量をみながら、1日の食べる量を決めていきましょう。

わたしはおやつに干し芋3本くらい食べることが多いです。

約30グラムとすると、炭水化物量は21.6グラム。

ほかの食事ともバランスをとりつつ、量を多くしたり少なくしたりしています。

干し芋は焼き芋、蒸した芋とは違うの?

栄養成分を比べてみる。

生、蒸し、焼きと干し芋の栄養成分を比較してみました。

カロリーめっちゃ高いやないかい 

と思うかもしれませんが、これは水分のせい。

干し芋は水分が飛んでるので、密度がギュッと高くなってるんです。

それを考慮するとカロリーや栄養価にほとんど差はありません。

干し芋の良さは、調理の手間が省けること

なんで筋トレに干し芋が推されているのかというと、調理しなくていいからだと思います。

さつまいもを蒸したり焼いたりするのって、かなり時間がかかりますので。

干し芋だと買ってきて袋を開けるだけでOK。

そして長期保存もできるのが嬉しいポイント。

おすすめ干し芋。

干し芋はスーパーやコンビニなどどこでも買えます。

わたしは業務スーパーで大袋を買って、冷凍してちょこちょこ食べてます!

お手軽に購入したい人は100均で買うがおすすめ。

大型店に売ってます。

詳しい解説はコチラをどうぞ。

あわせて読みたい。