高校生に贈る!高校3年間でやるべきこと6つ~2019年ver~


\スポンサーのイケハヤさん/

 

大人になると時々ムショウに懐かしくなるのが、学生時代です。

特に高校時代は人生のうちでたった3年しかなく、あ〜〜戻りたいな〜と思う反面、黒歴史のような物を抱えている人も多いのではないでしょうか。

最近、「高校生活はどんな感じでしたか?」「高校の時にやっといたらよかったことってありますか?」というご質問を立て続けにもらったのでお答えします。

・高校の時にやっといて良かったこと

・やらなかったけど、やっておけば良かったこと

3つずつあげていきます!

 

高校生活でやっておいて良かったこと

高校受験

これは高校に入る前、中学生の時の話になっちゃいますが、高校受験のことです。

中学3年生の夏に、当初決めていた高校からワンランク上げました。

(なかよしの友達と完全にノリで決めた)

とはいえ楽々入れるとこじゃなかったので、必死に勉強・・・最後の方は「勉強してないと怖くなる」みたいな感じで1日15時間くらい勉強してました。周りからすると殺気立ってて怖かったと思います。

このツイートでいうと圧倒的に後者です。


効率とか質とかはさておき、ちょっと無理めな目標に向かって全力で取り組んでみる、という経験はすごく良かったなと思います。入学してから苦労しましたが、、、w

 

部活

吹奏楽部に入っていました。小学生の頃からやってたので、通算8年くらい続けてたことになります。

吹奏楽=練習時間が長いことで有名ですが、ちょっと例外でふつうの高校の半分くらいでした。(その分勉強するように・・・という進学校のプレッシャー)

何が良かったかというと、「同じメンバーで一つの作品(演奏)を作る」というのは大人になっては早々できません。

大学や社会人の団体もあるけど、全力で練習できる時期は少なくなるよ!みんな就活やバイト、家の用事で忙しくなるから。

これは20歳くらいの時に、中学校で指導してくれてた顧問の先生が亡くなった時に思ったことです。

先生もいなくなっちゃって、今メンバーと集まろうと思ってもみんな進学とか就職していて、全員が集まるってもう不可能なんだなあ、と思った時に、当時の時間がいかに貴重だったか実感しました。

キッツい部活なので今やるかと言われたら・・・な部分もありますが、過ぎ去った今はやってよかったなと思っています。

ななえもん
集団生活が苦じゃないのは部活やってたおかげ〜〜

 

恋愛

共学の高校に通ってたんですが、よく進路指導の先生が「勉強・部活・行事・恋愛、全部やれ!」と言ってました。今思うと変わってますね。

色々意見はあるけど、恋愛はやっておいて良かったことの1つ。

勉強や部活の上に塾なんかもあったりして遊ぶ暇がなくても、帰り道途中まで一緒に帰るとか、休み時間の10分一緒にいるとか、「ちょっとでも時間を作り出す」ことが楽しかったりします。

なにより、そんな風に「10分でも一緒にいたい」と思う相手がいること、思ってくれる人がいるって素晴らしいことじゃないですか?

恋愛が始まる時に、結末は選べません。

最後美しく終われるか、クソみたいだったな!!と後悔するかは誰にもわかんないんです。

ちなみに別れた後にバカヤロ〜〜!!!!と思ったことが数回あります。これも勉強です。笑

ななえもん
あっ、思い出したくないね・・・
ちびえもん
黒 歴 史というやつやな

 

高校生の時にやっておけばよかったこと

英語

勉強全般、やっておけばよかったと思いますけどね!!!!

数学で5点を取ったことはそんなに後悔してないのですが、英語はちゃんとやっとけばよかったな〜〜と思っています。(後悔しろ)

英語で文献を読めたら全然入ってくる情報量が増えるし、海外のユーチューバーの動画も見れるし、ツイッターのフォロワーだって日本人だけじゃなくて世界中に広がるだろうし。

今からでも遅くないので今年は英語を学び直そうかなと、、泣

ななえもん
まじで高校卒業以来ちゃんとやってない
ちびえもん
I,my,me,mine…

 

本を読む

うちの高校は10分間読書の時間があったのですが、この時間を学校で一番ムダに過ごしていたのはわたしだと思います。

本を買うのが面倒で、同じ本を繰り返し読んでいました。

繰り返し読みすぎて、タイトルも覚えています。

中沢けいさんの楽隊のうさぎです。

唯一よかったことが、自分の年のセンター試験に出題されて満点取れたことです。(気になるひとは、2010年のセンター試験過去問を見てみてね)

読書くらい自分でやりなさいよ、という高校も多いけど、携帯も置いて静かに読書ができる10分間、めちゃくちゃ貴重だったと思います。

今だったらちゃんと本を仕入れて、小説と新書とビジネス書と・・・いろんなジャンルの本をまんべんなく読みます。先生ごめんね!!

 

いろんな人に会う

高校生って、意外に人間関係が広がらないなと思うんです。

やってるクラブとかによると思いますが。

たとえば妹は「自然科学部」に入ってたのですが、研究のために発表のために愛媛から筑波大学に行ったりと、場所も人間関係も広がってました。友達もできてました。

でもわたしのやってた吹奏楽って、他校との接触がほとんどないんです。

合同練習もそうそうないし、年に2回の大会くらい。

自分の学校での友達って、同じ環境の中にいる人たちばかり。

他の高校とか、大学生の先輩の話も聞きたかったな〜と思います。

時々は外に出て、刺激を受けるといいですね。

 

まとめ。

勉強はムダにはならない

高校生って、人生のうちで一番勉強する時期だと思います。

やってるときは「こんなの勉強してなんの役に立つの!?」と思います。

実際、何の役にも立たないものも、たくさんあります。

でも、こうやってブログを書くことも、学生時代に現代文をちゃんと学んで、いろんな問題を解いたからこそできること。

表現力だって勉強するのとしないのでは全然違います。

勉強は、しといてよかった!と思うことはあるけど、「しなければよかった」と思うことはありません。

 

もし今の時代だったら

2019年わたしが高校生だったら、ツイッターとインスタはやりたいなと思います。

ブログはちょっと時間がかかっちゃうので大学まで置いておこうかな・・・。

ツイッターをやるといろんな大人に出会えます。

人生の選択肢も広がります。

インスタグラムには勉強垢というのがあり、同じように勉強をがんばる子達に出会えます。

自分を発信することでたくさんの人に会える。いまの時代だからこそ、フル活用してほしいなと思います!

 

あわせて読みたい。

↓詳しい高校時代の話はこちら。

aboutななえもん~ハードモード編~

 

 

\ スポンサーのたつさん /