コンビニで買える激辛ラーメンを比較してみた。〜蒙古タンメン中本vs辛辛魚編〜

 

\スポンサーのキンピカさん/

 

コンビニのカップラーメンを、あなどっていないだろうか。

特に最近は激辛ラーメンが続々とコンビニに進出している。

普通に辛いだけじゃない。激辛だ。

有名ラーメン店がこぞって参加しているだけあって、カップラーメンもお店の味に劣らない。

想像してみてほしい。

お店の味をひとつのカップラーメンでどれだけ再現できるかを。

ラーメン屋さんだけでなく、メーカーの商品開発のみなさんの努力の結晶を直に感じ取れるまたとない機会なのである・・・!

 

3つの激辛ラーメンを食べ比べたので、ぜひ参考にしてほしい。

ちびえもん
どこの特撮ヒーローの解説なん
ななえもん
激辛にはドラマがあるから(キリッ)

 

蒙古タンメン中本 旨辛味噌タンメン

飛ぶ鳥をおとす勢いでヒットしている激辛ラーメン。

そのレベルは高く、「お店で食べるよりもカップラーメンの方が好き」という意見も。

見た目の通り辛いが、すぐに旨味が来るので辛いのについついお腹に入れてしまう。

また、蒙古タンメン中本の代名詞とも言える豆腐もしっかり入っている。

ちなみにマツコの知らない世界で納豆を入れるとマイルドになり美味しいと言われたのもこのラーメンだ。

 

 

ちなみに、カップラーメンにはまってしまいとうとう愛媛から東京の店舗にも足を運んでしまった。

コンビニのカップラーメンから東京へ引き寄せるとは、とんでもない魔力である。

 

辛さ:★★★★

旨味:★★★★★

 

蒙古タンメン中本 北極ブラック 黒い激辛味噌

2019年の2月に発売された新作。

蒙古タンメン中本の看板商品「北極」をついにコンビニ商品化したものだ。

 

北極ブラックには実は、カラクリがある。

この「中本特製焦がしにんにくオイル」の存在だ。

実は北極ブラック、そのまま食べるとそんなに辛くない。

先ほどの「旨辛味噌タンメン」とさほど変わらず、ちょっとコショウが効いてるな〜と思うくらいなのだが。

焦がしにんにくオイルこそが、我々を辛さの渦に引きずり込むのである・・・!!

・・・ということが隣の夫えもんをみていて分かったので、わたしはオイルを入れずに楽しんだ。

ちなみに夫は汗だくになりながら完食していた。

辛さ:★★★★★

オイルの罪:★★★★★

 

辛辛魚(からからうお)

最後に辛辛魚。

蒙古タンメン中本がセブンイレブンのみで売っているのに対抗して(?)か、ローソンとファミマで発売している。

辛辛魚の特長は何と言っても添付の激辛パウダーだ。

蒙古タンメン中本がオイルであることを考えるとキャラかぶりしないための苦肉の策・・・と思いきや、11年前からある東京の「麺処井の庄」の商品らしい。

 

こちらもパウダーで辛さ調節できる仕組みになっている。

まず半量ほど入れてみた。(写真も半分ほど入れたところで撮影)

うん・・・!いける!!

辛さで押してくる感じなのだが、魚粉の香りのパウダーがめちゃめちゃ食欲をそそるのだ。

わたしは調子に乗ってもう半分のパウダーを入れた。

これで香りも2倍・・・と思いきや、クッソ辛かった。

鼻水と涙を出しながら完食した。

蒙古タンメン中本の味噌タンメンでは涙は出なかったので、少なこともそれより辛いと思われる。

パウダー、おそるべし。

辛さ:★★★★★

魚粉のうま味:★★★★★

 

これから食べたい、蒙古タンメン中本のコンビニシリーズ

激辛にハマってまだ数ヶ月なので、まだそこまで種類を食べていないのだが。

取り急ぎ、蒙古タンメン中本の汁なし麻辛麺、焼きそばが気になっている。

セブンイレブン限定商品なのだが、まだ一度もお目にかかれたこととがない・・・

愛媛で見つけた方、ぜひご一報いただきたい。お願いします。

 

あわせて読みたい。

iPadを使って料理を作ったら、めちゃくちゃストレスフリーだった話。

 

\ スポンサーのたつさん /