古本の一括買取を申し込んだ結果。30冊の査定金額は・・・?

 

いつの間にか家にたまっているもの。それは本ですね・・・!

電子書籍で読むことが増えてるとはいえ、ふらっと本屋で買った本も多く・・・いつの間にか部屋を侵食してしまいます。

ということで、ネットから本の一括買取を依頼してみました。

・売りたい本が大量にある

・いちいちメルカリに出品するのが面倒

・リサイクルショップに持っていくのが面倒なので引き取って欲しい

というズボラなあなたにおすすめです。

ななえもん
1冊1冊出すとか辛すぎるから
ちびえもん
面倒くさがりすぎるやろ

 

古本買取のブックステーションを使ってみたよ

今回はブックステーションというサービスを使ってみました。

・申し込み〜振込完了までネットのやりとりで完結できる

・本だけでなくCDやDVDも引き取ってくれる  が魅力。

 

古本買取サービスを使うメリット

ちなみに、ネットでの買取サービスには色々魅力があります。

メルカリに1冊ずつ出品しなくていい

金額はメルカリに負けますが、何と言っても「手間」を省けます。

1冊1冊出品作業をしなくてもいいし、

配送もまとめてでOK。忙しい人におすすめ。

 

宅急便屋さんが荷物を取りに来てくれる

ダンボール数箱をリサイクルショップに持っていくのが面倒・・・という悩みも解消。

なぜなら宅急便屋さんが家まで取りに来てくれるから!

本って重いから、運ばなくていいのは助かります。

 

送料も業者もち

何十冊もの本を配送するとそれなりの額になりますが、こちらも買取業者が持ってくれます。

着払いで送れるのが便利。

 

値段がつかない本も引き取ってくれる

メルカリに出してみたのものの買い手がつかなくて、いつまでも家にある!ってよくある話です。

とにかく早く処分したい!という人は断然まとめて買取がいいですね。

 

実際に本の一括買取サービスを使うとこうなった。

買取サービスに申し込む

ブックステーション にアクセスして、申し込みフォームを記入していきましょう。

ちなみに指定すると、ダンボールやガムテープももらえます・・・!(わたしは家にあったので希望せず)

サクッと入力して送信。ここまで約5分。

 

本をダンボールにまとめる。

数日経つと配送伝票&資料が届くので、本をダンボールに詰めていきます。

ここであることに気づく。「本は30冊以上から買取」と書いてある・・・!!!!!!!!

うっかりしていて、全然みていませんでした。

25冊ほど詰めていたので、急遽5冊追加。30冊ぴったりにしました。

ななえもん
めっちゃアホやん

 

宅急便屋さんを呼ぶ

宅急便屋さんに集荷に来てもらいます。

この時に免許証等、身分証明書を提示します。(古本の買取に必要なため)

 

数日後、振込完了。

約10日後、買取金額が振り込まれていました。

2521円。1冊約84円。

うーん、金額面はメルカリの圧倒的な勝利ですね・・・!

が、1つずつ出品することや配送の手間を考えると、まあ妥当でしょうか。

ななえもん
美味しいランチでも食べにいきます

 

買取金額がアップするコツ

本が新しいうちに売る

新刊の方が高く買いとってくれるのはおなじみですね。

今回は数年前の本も多かったので、価格が下がったのかと・・・!

 

段ボールの個数を少なくする

ダンボールはなるべく小さく少なく。

個数が多くなる→配送料が高くなる→買取金額から引かれる となってしまうので。

今回は急遽25冊から30冊にしたので1つの箱に入りきらず、2箱で送りました。

それが価格ダウンに繋がった気がします。

 

買取の計算後、すぐにお支払いを選ぶ

お申し込み時に、査定金額を確認せずに振込すると金額5%アップというチェックがあります。

こちらをつけ忘れていました・・・!!!

少しでも高い方がいいですし、引き取ってもらってキャンセルということもほぼないので、次からはチェックを入れたいと思います。

ちびえもん
色々とアホやった
ななえもん
悲しいンゴ・・・

 

面倒な手間なしで本を処分しよう。

本って1回読むくらいだと傷まないので、捨てるのもったいないですよね。

かといって1つ1つフリマアプリに出すのは結構面倒だったり・・・。

というわけで、わたしは金額はあまり重視せず、買取サービスを使いました。

捨ててしまえば0円ですが、ランチに行ける金額くらいになったのでよしとします。

あと、一気に本がなくなって部屋が広くなるのは、まとめて買い取ってもらうことのメリットですね!

家がスッキリして気分爽快です。

家が狭くなってきている・・・!という方は、ぜひブックステーション本やDVDを手軽に処分してみてください。

 

あわせて読みたい。

【年間40万円カット!】2018年固定費削減まとめ。