自分のビジネスでお金を取ることが怖い人へ。一歩踏み出す方法


\スポンサーのイケハヤさん/

こんにちは!コンサルで月100万稼いでたけどブロガーに転職。また月収100万を目指しチャレンジ中の、ななえもん@kameinanaeです!

「好きなことを仕事にして、お金をもらう」の、第一歩を踏み出せない人へ。

 

自分のビジネスでお金を取ることは怖いのです。

イケハヤさん@IHayato のvoicyで、わたしのツイートを拾ってくれました・・・!

内容を3行でまとめるとこう。

  • お金をもらうことに戸惑う(遠慮する)
  • 自分の商品に値段をつけることに抵抗がある
  • でも自分自身で商品を作り、値段を決めるというのは大きな経験値になる
ななえもん
1番目で止まっちゃう人がすごく多いよね〜

起業や副業がブームになっているけど、みんな最初の一歩を踏み出すのは怖いもの。

ななえもん
誰も買ってくれなかったらどうしよう
ななえもん
高すぎるって言われたら・・・

ものすごく勇気がいるし怖いけど、大きな経験値になりますよっていう内容です。実際、イケハヤさん自身もいつも試行錯誤されているらしい。

ななえもん
スゴイ人でも、値段を決めるのは難しいんだなあ・・・!!

と思ったら、ちょっと楽になりませんか?笑

 

 

好きなことをお金に・・・の元ツイートはこれ。

ちなみに元のツイートはこれです。

最近立て続けに、

ななえもん
クオリティの高い仕事をしてるのに、なんで無料なんだろう??

と思った人が現れたので、このツイートをしてみました。

すると、悩みを抱えていた人からのコメントが続出。改めて困ってる人が多いんだな〜と実感。

そりゃそうだよね。今までわたしたちが売ってきたのは、すでに値段がついてるモノばかり。

コンビニの店員も、アパレルでも、銀行でも保険でも。値段がついてるものを売ってた人が、自分で価値をつける・・・難しいに決まってる。

もちろん勇気を出して自分で値段をつけてみるのがイチバンだけど、ど〜〜〜〜しても難しい人に1つ、方法を提案するよ。

 

価格をつけるタイミング、値段のつけかた

自分の作品や活動に対して、周りの誰かが「お金取れるよ!」「有料級だよ!」と言ってくれることがあります。

そのタイミングを逃さないこと。

ついでに「何円だったら払える??」って聞いてみるといいです。その値段で有料化に踏み切ります。

このときに「2ヶ月後になったら」とか「言われた値段からちょっと安くして」と、自分で変えないことがポイントだと思っています。

値段は後から変えることだってできます。自分で設定できないなら、周りの人にたたき台を作ってもらえばいいのです。

ななえもん
案外、自分よりも周りの方が評価してくれてたりするよ〜!

好きなことを仕事にしたい、一歩を踏み出したい人はぜひ参考に。

 

☆あわせて読みたい>>コンサルで月収100万円を達成するためにやったこと3つ。

 

 

\タイムラインにアホが流れる〜/

スポンサーのKUMAPさん!



スポンサーのやまけんさん!