【死活問題】ブログが書けない時の対処法3つ。

 

ブログ書き始めて、気づいたら3時間経ってた・・・ということありませんか?

初心者にありがちな現象です。

わたしは今年の6月にこのワードプレスをスタートさせたのですが、最初の1記事を書くのに5時間かかりました。

肩こるし目は疲れるしで、「これ、続くかな・・・」とめちゃくちゃ不安になりました。

 

それでもしぶとく書き続け、そろそろ200記事。

現在は、1記事書くのに40分。装飾やアイキャッチなど、もろもろ含めて1時間くらいで仕上がるようになりました。

 

200記事書く間に、

・ブログ書けないを解消するコツ

・時短に役立つコツ をいくつか発見しました。

 

ブログ初心者の方、時間がかかって疲れている方はぜひ読んでください。

 

 

ブログ書けない病防止のために、ネタはメモしておく

そもそも、ブログのネタがない・・・という人。それ、機会損失!!!

ネタは思いついた時にすぐアウトプットして、ストックするのが理想!・・・だけどそうもいかない時も多いですよね。お風呂の時とか。

ななえもん
お風呂入ってる時に限っていいこと思いつくんだよな〜〜

思いついたことは必ず脳みそ以外のどこかにメモしておきましょう。

昨日思いついたあれ、なんだったっけ・・・って、絶対思い出せませんから。

外出先ではもちろんスマホのメモ機能にぽちぽち。

 

ブログは見出しから書く

さてブログ書こう。というときに、上からズラズラ〜〜〜〜〜〜っと書いてませんか??

マンションを建てる時だって、1階作って2階作って3階4階・・・としませんよね。

先に柱を組み立ててから、壁を作ったり内装を整えたり。

ブログもこれと同じだと思っています。

先に見出しを整えておくと、着地点も決まってきます。

わたしも最初からなんとなく書いていた時は、「あれ・・・・このブログ何が言いたかったんだっけ」とゴールがわからなくなる時が多々。

見出しから作るとゴール迷子の防止にもなります。

ななえもん
書く時間短縮にもなるよ!
ちびえもん
タイムイズマネー(キリッ)

 

 

それでも書けない時の対処法

ネタも準備、見出しも書いてもうスラスラいける!と思っても、途中で行き詰まったりします。

特に冒頭部分とか、最後の着地をどうするかとか・・・微調整に頭を抱えて、筆が止まることも。

そういう時は書けるところからどんどん書きます。

わたしは1分ほどキーボードを打つ手が止まったら、別の見出しを書いたり装飾をいれたりと別の作業をします。

完成に近づくにつれて全体像が見えてくるので、行き詰まったところも2ターン目には書けることが多いです。

 

 

ブログ書けない、は気のせい。

ブロガーがブログを書けないって、死活問題です。魔女の宅急便のキキが、魔力が弱ってほうきに乗れなくなる・・・そんな感じ。

でも、書けないとか時間がかかるのって、ずっと続くわけではないです。

最初の1記事に3時間かかるのは当たり前。(むしろ短いほうかも)クオリティが低いのも当たり前。

100記事書いたらそれなりに慣れるし、200記事書いたらもっとスピードアップもできます。

それまでに心が折れちゃう人が多いですが、めちゃめちゃもったいないです。

今日書いた方法で、ちょっとでも執筆にスムーズ&時短のお役に立てれば嬉しいです。

ななえもん
慣れ&テクニックを使うのが大事!
ちびえもん
ストップウォッチを使うのなんかもいいぞ〜〜〜!

 

 

あわせて読みたい。

【特化vs雑記】初心者には雑記ブログをおすすめする3つの理由。