aboutななえもん〜イージーモード編〜


\スポンサーのイケハヤさん/

こんにちは!!!!

月イチシティガールのななえもん@kameinanaeだよ!

やっぱり新しいブログを始めたら、

最初は自己紹介ですよね。

 

 

誕生〜幼少期

1991年、愛媛県に生まれる。

家族構成は父・母・妹。

2LDKのちいさいマンションに家族4人。

めちゃくちゃ裕福でもなく、貧乏でもない。

普通、だけど愛に溢れる家庭に育つ。

 

父:公務員。超温和。寡黙。

スポーツのルールについて生き字引級に詳しい。

 

母:専業主婦。笑い声が大きい。楽天的。

お菓子と洋裁のできる、スペック高いお母さん。

 

妹:2つ年下。

何事も涼しい顔でこなすタイプ。

家で勉強しているのを見たことがない。

姉妹仲は良好。

 

こんな家族に囲まれ、

歌うことが大好きな明るい少女に育ったななえもん。

運動は苦手だったけど、成績でカバー。

スクールカーストでいうと

一番上じゃないけど結構上の方という

最もオイシイ位置に君臨。

そして気が向いた時だけ目立ってリーダーするポジ。

 

学級委員も、

指揮者も、

運動会の司会も。

 

そう!!!!!!!!!!!

いわゆるオイシイところばかり持ってく少女だったのだ。

 

 

 

中学生〜〜

3年生の夏までは、

吹奏楽部で毎日楽器を吹きまくる生活。

引退後の三者面談で

「もう1個上、目指せるよ」と言われて進路を考え直す。

え?????????

いけんの????????

どうせなら???????

校則ゆるいとこで???????

高校生活エンジョイしたくない?????

と思ったゲンキンな少女、それが亀井菜々恵だ。

次の日から毎日15時間勉強した。

 

 

<1日のスケジュール>

6:30 起床

7:00 登校

授業が始まるまで学校で勉強

8:30〜16:00 学校

16:30 塾に直行

19:00 ごはん

19:30 塾

22:00 おふろ

23:00 勉強

26:00  就寝

こんな生活だったので、

最後の2ヶ月は生理が止まってしまった。。

でも、このとき「自分の限界を突破した」ことで

誰にも奪われることのない「自信」を手にしたのである。

 

 

無事、校則ゆるい高校にも合格した。

幼馴染のMちゃんと一緒に喜んでいる姿が、

テレビに映った。

他の高校では使えない、

可愛いかばんを買った。

紺色の靴下もいっぱい買った。

中学生まではもらった制服だったので、

始めて制服をオーダーした。

お母さんもお父さんも嬉しそうだった。

 

 

ここまでが、ななえもんライフの

イージーモード期。

 

ということは・・・次はハードモード?と思った方。

あたりだよ!

 

次につづきまーす!!

 

\twitterもフォローしてね!/

 

スポンサーのKUMAPさん!



スポンサーのやまけんさん!