20代女性が転職を成功させるためには?30歳までに転職すべき?20代女性の転職のコツと、転職失敗を回避する方法。

businesswoman2_think.png
・女性なら、20代のうちに転職しておいた方がいい?

・どうしたら転職活動に成功する?

・次の転職は失敗したくない!

こんな疑問と悩みを解決する記事を書きました。

また、20代前半と後半では「会社がどんな人材を求めているか」に違いがあることも発覚!

転職の戦略を大きく左右するので、20代女性で転職を希望している方はぜひチェックしてみてください。

転職に失敗しないための質問も用意したので、紙とペンを用意して読み進めてくださいね!

20代女性の転職に、会社が求めていること

転職成功のためには、まず採用する会社が何を求めているのか知るのが大事です。

調べてみると20代前半と後半で、求められるものに差があることがわかりました。

20代前半:ポテンシャル重視。未経験もOK

25歳までの転職であれば、やる気や伸びしろなどポテンシャルが重視されます。

「とりあえず就職してみたけど、やっぱりあこがれの職種にチャレンジしたい」

「働き方を変えてみたい」

「未経験の仕事に転職したい」

このような希望を持っている人は早めが吉ということですね!

逆に、25歳以降は未経験OKの求人が急速に減ってしまうと言われています。

やったことのない職種にチャレンジしたい人は、早めに動きましょう。

20代後半:スキル・経験重視。

20代後半になると、今までのスキルや経験が重視されるようになります。

営業職であれば営業成績、専門職であれば知識や実績など。

実績が重視されるので、いままでの経験を生かした転職がもっともスムーズと言えます。

26〜28歳はもっとも求人が多くベストタイミングと言える!

「未経験OKの求人が減るのなら、20代後半の転職は難しい?」と思った方、実はそうでもないみたいです。

女性の求人全体でいうと、26〜28歳の求人が全体でもっとも多いのです。

なんでも吸収できる、指導しやすい若手かつ数年の経験を積んでいるということで、基礎知識は持っている&まだまだ伸びしろがあると判断されるみたい。

26〜28歳というと大卒なら4〜6年目。ちょうど次のステップを考える人も多い時期です。この波に乗って転職活動をしてみるのもひとつですね。

女性は30歳までに転職しておくべき?

転職は30歳までと聞くし、確かに結婚や出産と重なると難しそう・・・やっぱり20代のうちに転職しておくべき??

そんな女性と切っても切り離せない悩みを考えてみました。

転職しやすいのは20代?

確かに、転職しやすいのは20代。単純に求人が多いためです。

26〜28歳でピークになった求人数は、そのあと減ります。(30代では大差ないけど、40代以降ガクッと落ちます!)

まだ30代で転職のチャンスがあるとしても、早く動くに越したことはありません。年齢を重ねるとどうしても億劫になったり、体力的にも負担になるからです。

POINT
20〜30代が転職しやすい時期。でも早めに動くのが吉

出産の直後、産休育休が取れない可能性も

女性が必ず考えておかないといけないのが、結婚・出産等のライフイベント。特に出産は産休・育休が絡んでくるので重視しないといけません。

会社の就業規則によりますが、働いてある程度の期間がないと育休を取れない可能性があります。

年齢に関わらず結婚や妊娠を希望しているのであれば、就業規則の確認は必ずしておきましょう。

(子どもは授かりものですから、どうしてもタイミングが合わない場合はありますが!)

本当に転職しないと解決しない?配置転換や転勤も視野に入れてみる

改めて、本当に転職が必要なのか?と考えてみるのも吉です。

今の会社で希望する職種はないのか?

人間関係に悩んでいるなら、解決できないか?

会社って基本的には「長く働いてほしい、続けて欲しい」のスタンスなので、こちらが希望を出せば叶えてくれる場合があります。

面談のときに1度希望を伝えて、それでも今の悩みが解消しないなら転職する!と決めてみてもいいかもしれません。

関連記事>>抑うつだったのに転職も退職もしなかったわたしの話。

20代女性の転職が失敗してしまう理由

転職して1ヶ月、もうやめたい・・・とならないように、先人たちの失敗例をまとめておきます。

目的をはっきりさせていない

なんとな〜〜く転職してしまった人に多い事例。前の会社を退職して、フリーターや休息期間を経て就職した人に多いようです。

次の仕事に目的を持っていないのでなんとなく会社を選んでしまったり、転職エージェントの勧めるままになってしまったり。

その会社、その仕事を選ぶ理由をきちんと考えてみましょう!

1つの条件だけで選んでしまう

逆に、「この会社で働きたい!」「この職種にチャレンジしてみたい!」1つの条件にあった会社へ問答無用に入ってしまったケース。

憧れていた仕事だったけど、めちゃくちゃ残業が多かった・・・

働いてみたい会社だったのに、いざ入社すると人間関係がギスギス・・・

といった、「こんなはずじゃなかった!」が多いタイプです。

いくら憧れていた仕事でも残業100時間はキツイし、同じ部署に同世代がいないとか、男性9.5割だった・・・となるとキツイですよね。(個人差ありますが)

男女比や年齢層は面接の段階で質問できるので、必ず確認しておきましょう!

優先順位が決まっていない

・残業が少ない

・年収アップ

・休みがちゃんと取れる

・転勤ナシ 

・スキルが身に付く ・・・

もちろん全部叶えられる転職が最高です。

でも、どこかで諦めないといけない部分も出てきます。

それに何を重視するか決まっていないと、求人を探すのも大変です。

自分の理想をまず整理して、順位づけも忘れずに。

そうすると転職サイトでの検索や、エージェントに相談するときにめちゃくちゃスムーズになります。

20代女性が転職を成功させる5つのポイントは?

失敗パターンをいくつか書きましたが、ここからは転職を成功させる方法を。

紙とペンの準備をお願いします!

どんな仕事があるのか調査する

そもそも自分が知っている仕事は、世の中の一握りです。

テレビをみていたら、「こんな仕事があるんだ!!」とびっくりすることがありますよね。

具体的な行動としては、

・知り合いに話を聞く

・ネットで調べる

・転職エージェントで職種にこだわらず紹介してもらう など。

最初から職種にこだわらずたくさん求人票をみていくと、仕事の種類にびっくりするはず。

選択肢を多く持つことは転職成功につながります。

転職する理由・目的をはっきりさせる

なんのために転職するのか?

転職してどうなりたいのか? 紙に書いてみましょう!

仕事の内容やライフスタイルだけでなく、職種によると外見だって変わります。

細かく想像してみると、自分がどうなりたいのかが見えてくるはずです。

ワーク
・転職する目的
・転職してどんな自分になりたいか
・どんな生活をしたいか

ノートに書いてみましょう。

優先順位をつける

転職するにあたり、条件の希望があると思います。

まず全部書き出してから順位をつけてみてください。

一般的なものを並べてみました。

・残業時間

・ノルマの有無

・転勤の有無

・スキルアップできるかどうか

・年収アップ

・休日の日数

・有休消化できるかどうか

・産休・育休が取りやすい

・長く働けるか

・会社のリッチ

・オフィスのきれいさ、設備

これ以外にも、譲れない条件があるかもしれません。

少なくともベスト3に関しては、面接で質問したり応募書類で確認したりしておきましょう。

ワーク
①希望する条件を書き出してみる
②順位をつける
③かならず叶えたいものは、応募書類や面接で確認

味方を多く持つ

転職を考えるとき、一番やってはいけないのが「反対されそうな人に相談する」です。

転職経験のない上司や親はいちばんNG!!!!

人間はやったことないことを「なんだかよくわからない、怖いもの」と判断しがちです。

だから反対される確率がとても高いのです。

反対されても転職したい!と跳ね除けられるならいいけど、モチベーションダウンになりそうな人に相談するのは避けるのがベターです。

転職経験のある友人や先輩、転職エージェントなど「転職を応援してくれる人」に相談しましょう。味方が増えるとやる気も出ます。

転職エージェントを使う

一番手っ取り早い方法がこれです。

履歴書や職務経歴書を書いてみたり、求人票を見せてもらったり。

ふわっと転職を考えていた段階でも、エージェントに相談してみるとかなり具体的になります。

重い腰を上げてくれるのがエージェントさんです。

関連記事>>転職エージェントの面談は、めんどくさくても行っておくべき3つの理由。

20代女性におすすめの転職エージェント&転職サイト4選

転職サイトっていっぱいありすぎて何を選んだらいいかわからない!!という人のために、おすすめ4つを選びました。

転職サイトごとにカラーがあるので、1つだけではなく2〜3個登録してみるのがおすすめです!

ランスタッド

世界第2位の業績がある信頼感と、

利用者の70%が35歳以下という若手向きの転職エージェントです。

全国60ヶ所以上に拠点があり、面談や相談に行きやすいのも魅力。

>>ランスタッドに登録する

パソナキャリア

2万件以上と豊富に求人を持っているのが最大の魅力。

うち非公開の求人が1万5,000件以上なので、会員登録して情報を取りこぼさないようにしましょう!

>>パソナキャリアに登録する

とらばーゆ

女性の転職といえばとらばーゆ!

美容師やエステティシャン、歯科衛生士、医療事務など女性の多い職種がいっぱい。

また、駅チカ、服装自由、産休育休の取得実績ありなどワークライフバランスを重視した検索ができる機能も魅力的。

>>とらばーゆに登録する

ウズキャリ

20代の転職に特化しています。

ブラック企業排除のため、独自基準に通過した採用案件しか登録されていません。

残業やノルマに消耗していて、次は失敗したくない!と思っている人にオススメ。

>>ウズキャリに登録する

まとめ

20代だろうと30代だろうと、転職って体力も気力も必要です。

だから動き出す人が少ないのも事実。

でも、止まっていても時間は過ぎていきます。

自分の将来を想像して、3年後、10年後、20年後・・・今の会社にいるでしょうか??どんな働き方をしているでしょうか??

ちょっと疑問を感じたら、自分の棚卸しをする機会かもしれません。

今までを見直して、将来を想像して、ベストな選択をしてくださいね〜!